そうだ、小屋を建てよう(1)

fullsizerender「オレのハンマーが火を噴くぜ。噴いたところで機能的にはどうってことないぜ」

さて、という導入を使うにはあまりにも前回の記事から間が空いているでお馴染みのブログ「カラーTVとメルセデスベンツ(仮)」ですが、この度、表題の通りに小屋をリアルマインクラフトすることにしました。単刀直入すぎるって? あたしね、前置きをグダグダと述べて結論に説得性を持たすようなやり方が嫌いなの。好きなものはマシュマロとオリオンビール。え、オリオンビールは薄くて美味しくないって? 本土で飲むからだ馬鹿野郎!

ちなみに沖縄は学生時代に修学旅行で赴き、インフルエンザで倒れてから再訪しておりません。まあ、建設の理由なりなんだりはまた後日に。わたしのことですから、やりたくなっちゃった以外にさして深い意味はございませんが

 

img01まずはこちらの掘っ建て小屋をご覧ください。右手に見えますのは今にも口からビームを吐かんとする凶悪な怪獣です。見て見ぬふりをしましょう

以前、わたしの父方の方の田舎にですね、「小屋を建てたいから土地を見繕ってくんちょ」と相談したところ、「こいつ(※写真)を壊して出来た場所に作っちゃえばいいじゃない!」と爽やかな訓示を頂戴したのでそうすることにしました。こう見えてわりかし素直な部分もあるのです

 

img_4133屋根の上には、古(いにしえ)の太陽熱温水器が載っております。メーカーは確か、日立さん。物心ついたころにはもうあったような気がするので、随分古いものなのでしょう

この掘っ立て小屋自体は母屋の風呂工事をした折に、工事期間中の給湯をアレするアレでアレしたんだと聞いたような気がします。違うかもしれませんがそんなことは別によいのです。わたしが子どもの頃はなんとこの家、五右衛門風呂でした。若い方は見たことがないでしょう。薪で焚いて、底にすのこを敷くんですよ。熱いからね

 

img_4136太陽熱温水器は、構造として本体(貯湯タンク)に太陽熱集熱器のパネルが接続して成り立っています。いっぺんに外すほどマッチョではないので屋根上でバラしつつ、まずはパネルを下ろす作業をば。中に抜ききれなかった水が溜まっていてわりと大変でした。もう一度言います。わりと大変でした

 

img_4140本体もドーン!(この間、2日ぐらい)

 

img_4141トタンを剝がしていきます。勢いをつけて剥がした時に、釘が連鎖してドルゥルゥルゥ!って抜けると結構気持ちがいいんですがあんまり共感は頂けないでしょう

 

img_4142いっそ清々しいほどの傾きっぷり。今回のわたしの意向は渡りにシップだったようで。お前が舵をとれ! お前が舵をとれ!

 

img_4147ここまでくればあっという間

 

img_4149倒した柱。結構立派な建材ですが、根本が腐ってしまっていたようですね。わりとギリギリで建っていたんだと思います

 

img_4148独立基礎。見た感じ、地中深くまで入っているので今後の作業の大きな障害となってくるでしょう。他人事じゃないぜ。ハンマー人生の始まりである。持て、筋肉! 勘弁して筋肉痛!

 

img_4172バラし終わったところ。写真じゃ伝わりませんが、元々あったものが無くなると妙に風景が広く見えるものです。何か適切な例えをインサートしようとして諦めた経緯はあなた方には関係のないところ。大丈夫、気にしなくていいよ?

 

img_4144犬も何してんだあんたらって顔でわたしを見ます。ああ、何故君はこの事業に対し、協力的ではないのか。何故その肉体を駆使して、わたしに労働力を提供しないのか。なんだい、「いつも餌をくれるのは君ではない」だって? あらやだ正論

この後、土地がそもそも傾斜しているので土を掘って水平を出す作業に移行します。この時わたしは、そんなものちょちょいのそぉいだろうと思っておりました。しかしそれは、大きな勘違いだったのです。ああ、今この時空に戻れるのならば。戻ったのならば。わたしは同じ手順を踏んで同じ作業をすることでしょう。だって特に出来ることなんて、ないのだから!

地道が大事ッス。つづくッス

 

画像てんこもり

CE3SR1lUMAACfGp.jpg large

CDHUmKrUsAA3HYw

ちょいと画像多めになりますが、最近のあらすじを。ガラスに目覚めて砕いたり、焼いたり、

 

CCl_5pvWgAEiNa3

CDRbgkqUIAA94eI

CD_sk7NUgAABPgU

CFrS9zxUMAAS7wI.jpg large

そのガラスを使って久々にジュエリーを作ったり、

 

nobu

agasgahfasdfhsd

天下統一したり、城を作ったりと、まあ気ままにやっております

気がつけば、もう6月になっていて。1年も折り返しになってしまったと感じてしまうのは、大人の疾患なのでしょうか。子どものころは、そんなことも考えずに毎日を目一杯、過ごしていたと記憶しています。どちらがいいというのは多分無いのだろうけれど、ふとした折に、自分はもう、あの幼い時分からずいぶんと遠いところへ来てしまったのだという感慨が胸に去来して、てやんでぃちくしょうめーと粋がってみたりするのです。文章が繋がってませんね。ってゆーかまだ若いし

日々、思うことはその時の自分に解釈を任せておけば宜しいことで。後からあーだこーだと言うのも、詮の無いことなのでしょう
それでも夜中に、何か恥ずかしいことを思い出して、頭を抱えてしまうのが悲しいかな人間というもので。何を言いたいのかと言えば、色々とこう、書こうと思うことはあるものの、そのどれもが鮮度が悪くて微妙に話題にしづらいという状況なわけです。怠け者がたまーにやる気を出して、なんかすごいことをしてしまうというのは、フィクションです。フィクションなのです。継続は力なりとは言いますが、昔の人は正論しか言いませんね。もうちっとオブラートに包んでくれてもいいんじゃないんでしょうか。それだと格言としての意味が無い? へえ、そいつはその通りで。あっしはしがねえ丁稚でござんす。お武家様のこと言うことなんて、てんで分かりやしませんので。。

あ、バンドに加入しました。初めてベースを弾いています。もう、3ヶ月くらい前の話。わお

再始動?

実はジュエリー制作学校出身という事で、東京で3年間学んだ知識・技術というものをまったく活用せずに埃をかぶらせているでお馴染みのぼくですが、やあやあこのままじゃあいかん。遠からずば音に聞け、近くば寄って目にも見よと
いや、実際のところなんとなくまた作りたくなっただけなのですが、思い立ったら我慢が出来ない人なのでとりあえずやってみようの精神で作ってしまいました。机を

 

IMG_1956

木材だけ注文して後はドリルで穴をあけ。木工ボンドも少々。特筆することは特にありません

作業机が無いからぼくはやらなかったのだ、とでも胸を張ってしまいしまいそうな勢いでここ数週間地金を削り続けております。お仕事もちゃんとしてますとつい、誰ぞに向けた注釈を入れてしまう臆病さもポイントですね。何がでしょうね

 

B0CD411CIAAYC1H

「七宝によるオレのギターの為のジュエリー」なんてハイソに銘打ってみましたが、なんてことはなく回路を1トーン+1ヴォリュームに改造したせいでノブが一つ要らなくなり、空いていた穴に折角なのでなんか突っ込んでみたというマッチョ的思考で出来た何か。「かっこいい」以外の機能は特にありません

 

B0RgKzBCYAAZWRR.jpg large

こちらは普通にストラップ。銀と七宝で
学生時代から常々やってみたいと思っていたこの七宝焼きという技法ですが、電気炉を安くゲットできた事もありしばらくこれをやってみようかなと思ってます。かわいいですしね