野球少年になり損ねた大人たち

今日は、体のメンテナンスにいつも行っている整体へ。先生と話が弾んで居酒屋トークみたいになってましたが、歩き方や、ストレッチをしっかり教わって心身ともにリフレッシュしてきました。本当に、体の使い方って大事なことを痛感する

その帰りに、少し体を動かそうと思い、バッティングセンターへ。野球経験0の野球好きですが、以前に80キロも打てなかったことが悲しくて通いつめ、今では素人なりに、110キロでバシバシ打てるように。今日は120キロに挑戦してみましたが、何本か前に飛んで、目が慣れてきたあたりで終了。草野球をやっているわけでもないし、まあまあ気長に行きましょうということで収穫はセンター前ヒットのみ(コイン一枚)

あらかた打ち終わってのんびりしていると、お父さんに連れられて、少年二人が打席に入る。まだ体も出来上がっていないのに、ユニフォーム姿で、重いバットを一生懸命振っている野球少年達。これがまた上手くて、しばらく眺めておりました

小学4年生くらいのお兄ちゃんは、体の軸が全然ぶれてなく。小学1年生くらいの弟くんは、まだバットに振り回されているけれども、しっかりとミートをするんだ。それを見つめるお父さん

ああ、いいなあ。すごくいい光景だなあと感じ入りつつも、あんまり見つめていると悪いかなと思って、汗を拭って帰路に就く。自宅にてペンタブを握り、ちょうど子どもを描くところだったので、スイスイと筆を進めて今、出来たところ

なんだか今日は、上手く描けた気がする

明日もよしなに

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です