立て、ジョー!(楯状)

あいもかわらず登るのですが

ゴールデンウィーク初頭から左肩に炎症が起きていまして、ボルダリングもしばらく休んでいたのですが。怪我の方もどうやら良くなったらしく、整体の先生からもOKサインが出たので先日また登ってきたら、脛を強打! けっこう腫れて、脛に月山(山形県)がそそり立ちましたがわたしは元気です

先日、アベンジャーズを見たとブログにも書いたのですが、今日車で運転中にラジオをつけていたら丁度特集みたいものをやっていて、パーソナリティーの人が楽しそうに語ってるのを微笑ましく聞いていたのですが。やっぱりなんでも賛否両論があるように、面白くなかったって人も当然いるわけで

個人の感想に他人が干渉したところでなんの得もないと思っているので、別にどうもこうもないのですが。なんだか聞いていると、ネガティブなことを言っている人ほど理屈をこねている印象があって、ああそういえば自分も若い頃はトンガってそんなことばかり言っていたなとふと、思い出してみたり。まあ、今でもそんなに変わってないようにも思いますが、少なくともその割合は減ってきた気がして

上記の刺々しさは、なんだかいつからか、難しいことなんて考えずに頭空っぽでなんでも見た方が世界が広がるのではないか、という考え方に少しずつですが変わってきたように思います。例えば自然が美しいということに、理屈なんてないように。物事は真正面から受け取り、理論なんて捨て置いて、なんの偏見もなく感じれば。きっと、もっと楽しむことが出来るんじゃないかって

その見方が芽生えてからは、なんだか色んなものが色鮮やかに目に映るようになった気がします。個人の感想ですよ

といっても、まだまだ色々途中なんですが。センスオブワンダーを見つけたいと、常々思っているのは本当の話

明日もよしなに

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です